築50年の家のリフォーム 家の思い出を残して快適な暮らしを手に入れよう Staff blog

202202/18Fri

築50年の家のリフォーム 家の思い出を残して快適な暮らしを手に入れよう

「築50年の古い住宅では、もうリフォームもできないでしょう?」と思ってしまうかもしれませんね。

結論からいえば、築50年でもリフォームは可能です。

古い家は経年劣化による家の歪みやカビ、壁紙の破れなどが発生している可能性があります。しかし家の基礎の部分さえしっかりしていれば、まるで新築同様に生まれ変わらせることも可能です。

築50年の家のリフォームとはどんなものなのか、何が必要なのかを見てみましょう。


住宅の平均寿命

4192249_m.jpg

「両親が住む実家は築50年だけど、まだまだ普通に住んでいる」という意見もよく耳にします。

築50年、数字だけ見るとそうとう古く感じますが、実際のところはどうなのでしょうか

建物の寿命は、「木造住宅・鉄骨住宅の寿命は30年前後」「鉄筋コンクリートのマンションの寿命は40年前後」といわれています。

しかし実際には、30年経っても家に住むすことはできますし、マンションだって大きな問題はないでしょう。

丁寧にメンテナンスをすれば、80年、100年持つ家もあります。


築50年以上の住宅の問題・課題点

4107395_m.jpg

しかしそうはいっても築50年の家は、一見何も問題ないように見えて、家の基礎部分が老朽化している場合があります。それに伴い、いくつかの暮らしにくさを感じてしまうかもしれません。

すきま風が入る

木造の家の場合、柱や梁の部分はすべて木です。湿気や温冷で木が歪み、すきま風がはいることがあります。それ以外にも窓サッシやレールの歪みによって、空気が通り抜けやすくなっている場合もあるようです。

部屋が寒いため光熱費がかかり、さらに冷暖房によって温めた部屋の窓には結露ができるでしょう。古い住宅だと窓の結露対策もされていない場合が多く、カビやダニの発生原因となります。

水道管・配線の劣化

水道・下水の配管は目に見えず、劣化には気づきにくいです。しかし蓋を開けてみれば磨耗が激しくなっていたり、つまりが生じる寸前だったりすることも珍しくありません。古い家であればあるほど、その傾向にあります。

配線に関しても、コンセントの数が足りず、タコ足にタコ足をつないでいるご家庭も見かけます。

配線の密集は火事の原因にもなりかねないため、コンセントの数を増やすといった工事をおすすめします。

基礎の腐食

築50年もたっていると、柱や梁、建物の土台が傷んでいる場合があります。とくに木造の場合、木材部分がシロアリ(北海道はごく一部の地域)に侵食されていれば、リフォームをしても寿命は長くは伸びないかもしれません。

また、地下水のくみ上げすぎや経年劣化によって、地盤が緩んでいる可能性もあります。

場合によっては地盤改良や杭打ちなど、手間とコストがかかる工事が必要になります。

再建築不可物件

古い土地は、建て替えができない場合があります。「再建築不可物件」と呼ばれるものであり、4m以上の幅の道路に接した土地が2m以上ないと、家を再建築することは、基本的にはできません。これは緊急車両が入れることを想定しての幅です。

リフォームは問題ありませんが、「家を一度解体して、同じ土地に一から建てる」は不可能なため、注意が必要です。


築50年以上の住宅 リフォームのメリット

4161153_m.jpg

築50年の古い家は、リフォームをするより新築で建て直したほうが良いのでは?と思うかもしれませんね。

しかし、築50年の家のリフォームには、いくつかメリットがあります。

新築よりも安価

昔ながらの家は、ヒノキといった強度の高い木材を使っていることがあります。築50年の家のリフォームは、この既存の柱や基礎を活かすことで、新築を建てるより安価ですむ場合が多くあります。

家の思い出が残せる

築50年ともなれば、家にまつわる思い出も多くあるでしょう。壁についた傷、柱の1本さえも愛おしい存在、と感じる方も少なくありません。

リフォームでは残しておきたい部分はそのままにして、新たな家づくりが可能です。50年の思い出とともに、新たな人生のスタートを切れるでしょう。

耐震性の強化

1981年より以前に建てられた住宅は、今の住宅に比べて耐震性度が充実していません。リフォームをすることで、地震に強い家に生まれ変わります。

築50年以上の住宅 リフォームのデメリット

49807_m.jpg

一方で、築50年だからこそつきまとうデメリットもあります。

間取り変更の工事は難しい

古い家は耐震性に優れていないため、家を支えるための壁をなくすリフォームは、難しい場合もあります。

もちろんまったく不可能というわけではありません。家の状態やリフォーム会社の技術によって、可否が変わります。施工を依頼する会社に、よく相談をしてみましょう。

耐震補強工事は高額になりやすい

築50年の住宅のリフォームをする場合、とくに力を入れたい部分は耐震性向上、という方が多くいます。

耐震補強の工事は、数あるリフォーム工事の中でも高額になりやすい部分です。

どの程度の金額になるかは、家・土地の状態、使用する材料によって変化します。


築50年の家は思い出を残したリフォームがおすすめ

4266048_m.jpg

50年も人が住んだ家には、思い出がたくさん詰まっています。そのため解体してしまうよりも、良い部分を残して費用を抑えたリフォームがおすすめです。リフォームができない部分もあるかもしれませんが、プロのアドバイスを聞くことで対策が見えてくるでしょう。大切なおうちの記憶をそのままに、快適な暮らしを手に入れられたら良いですね。

会社案内COMPANY PROFILE

株式会社リーベンホーム

本社 map
〒065-0024 北海道札幌市東区北24条東1丁目3−2 樋口ビル1F
拓北事務所
〒002-8054 北海道札幌市北区篠路町拓北2-27
TEL: 011-699-5291
FAX : 011-699-5294

フリーダイヤル
0120-5353-48