【共働き家庭必見】お掃除ロボットが活躍できる家 Staff blog

202201/17Mon

【共働き家庭必見】お掃除ロボットが活躍できる家

osouzirobo1.jpg共働き家庭の人は、忙しい毎日に追われる日々ではないでしょうか。

仕事で疲れて帰ってきて、料理に洗濯に掃除。少しでも家事を時短して、一息つきたいですよね。

掃除機掛けは特に、ついつい先延ばしにしてしまう人も多いと思います。

仕事から帰ってきてからでは疲れていますし、せっかくの休日に、掃除で時間がとられてしまうのもつらいですよね。

仕事に家事に忙しいなら、お掃除ロボットなどの家電を上手に活用するのが賢い方法です。

お掃除ロボットは勝手に動いて掃除してくれるので、出勤してから帰ってくるまでの間や、ほかの家事をしている間に掃除を終わらせてくれます。

いつもきれいな部屋に帰ってこれるのも嬉しいですよね。

すでにお掃除ロボットを使っているという人も多いと思います。お掃除ロボットを使いこなすにはちょっとしたコツがありますね。

そこで、もし家を建てるなら、あらかじめお掃除ロボットを使うことを前提に間取りを考えると良いでしょう。

最新家電と言っても機械ですから、人間のように臨機応変にとはいきません。お掃除ロボットが活躍できる条件をそろえてあげることが大切です。

「お掃除ロボットが活躍できる家」にすることで、十分にその力を発揮させてくれるでしょう。



お掃除ロボットユーザーにおすすめしたい間取り

osouzirobo2.jpgせっかくお掃除ロボットを使っていも、綺麗に掃除ができていなければ意味がないですよね。

お掃除ロボットが動きやすい間取りにすることで、効率よくきれいに掃除してくれます。

そこで、おすすめしたい3つの間取りをご紹介します。

回遊できる間取り

回遊できる間取りとは部屋に入って行き止まりではなく、部屋同士をクルクルと回れる間取りです。

何度も同じところを通らなくて良いので、効率的に動くことができます。

生活導線としても無駄な動きがなく、便利な間取りですね。

広いワンルームのような間取り

お掃除ロボットは自由に動き回れなければなりません。

LDKが広々とワンルームのような間取りであればお掃除ロボットが動きやすいでしょう。

このような間取りにできなかったとしても、各部屋の扉を開けっぱなしにして動き回ることができれば問題はありません。

備え付けの収納

置いてある家具が凸凹しているとお掃除ロボットが上手く掃除できません。

備え付けの収納であれば、凸凹が無く、スッキリしているため効率よく掃除することができます。

何度も方向転換するなど、非効率的な動きにならないようにできると良いでしょう。




お掃除ロボットに配慮したいポイント

2c78fad03b5509679e4d442ccb10bca8_s.jpgお掃除ロボットを上手く活用するために、配慮したいポイントをご紹介します。あらかじめ知っておくことで、家を建てるときに気を付けることができますね。



ホームの設置場所を用意する

お掃除ロボットには充電するための「ホーム」が必要です。掃除が終わると自動でホームに戻り、充電します。

ホームの場所は、充電中邪魔にならず、目立たないところにしたいですね。コンセントもなくてはなりません。

設計の段階で、ホームの場所も間取りに入れておくと良いでしょう。センサーが感知できるかもしっかりとチェックですね。



段差は1㎝までOK

段差を乗り越えられず、1つの部屋だけをグルグルと掃除しても、全く意味がありません。

段差を全くつくらないようにできれば良いですが、どうしても段差ができてしまうこともありますよね。

お掃除ロボットは1㎝までの段差なら、問題なく乗り越えてくれます。

最近の家は特に、段差をあまり作らずに設計されていることが多いので、お掃除ロボットは十分に活躍してくれるでしょう。



家具の高さは10㎝以上が必要

お掃除ロボットを初めて見ると、思ったよりも大きいと感じる人が多いようです。

直径が約34~35cm、高さは9.2cmです。

幅は機種によって若干差がありますが、高さは全機種共通です。

せっかくお掃除ロボットを使うなら、ホコリが溜まりやすいソファやベッド、家具の下まで綺麗にしてほしいですよね。

お掃除ロボットの高さが9.2cmなので隙間の高さが10cmあれば、下にもぐり込んで掃除してくれます。

一番困るのが、微妙な高さの場合です。隙間には入り込めたけど、ぴったりはまってしまい、身動きが取れなくなってしまうということも。

高さが微妙な場所は、高さを変えられるなら少し高くしましょう。高くできない場合はお掃除ロボットが入れないように隙間を埋めてしまったほうが良いですね。



まとめ

家事の負担を軽くしてくれるお掃除ロボット。ほかにも家事を楽にしてくれる最新家電はたくさんあります。

毎日が忙しく、時間に余裕がないなら、家事を時短できる家電に頼るのも一つの手です。

家事の手助けをしてくれる家電は、使うことを前提に家づくりをすることで、使いやすさが変わってきます。一から家づくりをするからこそ、できる工夫ですね。

時間に余裕ができたら、その分家族と過ごす時間を確保することができるでしょう。念願のマイホームで「家族の時間」を楽しみませんか?

会社案内COMPANY PROFILE

株式会社リーベンホーム

〒002-8054 北海道札幌市北区篠路町拓北2-27
TEL: 011-699-5291
FAX : 011-699-5294

フリーダイヤル
0120-5353-48