「片付けが苦手」な人の収納術! 整理整頓のハードルを下げた収納を取り入れよう Staff blog

202108/18Wed

「片付けが苦手」な人の収納術! 整理整頓のハードルを下げた収納を取り入れよう

片付けが苦手な人は、片付けられない原因が自分自身にある、と考えてしまいがちです。しかし実際は、収納スペースとライフスタイルが合っていなかったり、時間がなかったりと、自分以外の部分に理由が見つかるケースも少なくありません。

そこでこの記事では、片付けが苦手と感じる原因と片付けが苦手な人向けの片付け方法について、ご紹介します。

片付けが苦手だけど部屋をきれいにしたい、今後も散らからない生活を続けたいと考える人は、ヒントが見つかるはずですよ。


「片付けが苦手」となる原因とは

4219773_m.jpg

「片付けが苦手」

「部屋がつねに散らかっている」

「片付けなくちゃ、とは思うけど体が動かない」

片付けが苦手という人は、多くいます。

本人の性格が問題と考えてしまいがちですが、片付けが苦手なのは「片付けがしにくい環境」も理由として考えられます。

収納場所が少ない

ものの多さに対して収納場所が少なければ、片付けも進みにくくなります。賃貸住まいの場合はとくに収納場所が限られていることが多いです。ものをしまうスペースが確保できず出しっぱなしになってしまう、ということも頻繁にあるでしょう。

動線が整っていない

収納スペースは充分にあるはずなのに、片付けができない......その理由は、収納場所までの動線に原因があるかもしれません。

たとえば、出しっぱなしの本を本棚に戻そうとした時。本棚の場所が離れたところにあったり、本棚の前にものが多過ぎてどかさなければならなかったり、と片付けるまでに必要な動作が多くなっていませんか。片付けまでの動線がスムーズでないと、元の場所に戻すのを億劫に感じてしまいます。

時間がない

そもそも片付ける時間がない、というのも片付けが捗らない原因です。「時間は作るもの」と言われることもあります。しかし生活において優先すべきことが多ければ、片付けの時間は後回しになってしまいがちです。

片付けの時間がないのであれば、片付けなくて済むような収納や暮らし方を考えてみましょう。

ものが捨てられない

ものが多ければ、それだけ片付けの手間も増えます。ではなぜ、ものが増えてしまうのでしょうか。

浪費家であるというのも理由かもしれませんが、ものが増える原因の多くが「捨てられない性分」にあります。

ものを大切にするのは良いことです。しかし役目を終えたものや、不要なのにスペースをとっているものとお別れを決意するのも、ものを大切にするのと同じくらい大事なことです。


まずは物の分別から始めよう

867906_m.jpg

片付けが苦手な人ほど、少しづつものを整理整頓することが大切です。いきなり片付けに移行するのではなく、まずはいるものといらないものの分別から始めましょう。

いるもの・いらないものの判断は、迷ってしまうかもしれません。その場合、紙にいるものといらないものの判断基準をリストアップしてみると良いですよ。

たとえば、下記のような内容で分けてみてください。

イラスト22 2.jpg

画像は一例であり、いるものといらないの判断基準はそれぞれです。人によっては便利さや機能性よりも「好き」を重視したい、見た目ではなく「頻度」を重視したい、などあります。

自分の中でものを残したい基準をはっきりさせて、分別に踏み出しましょう。


苦手な片付けを克服する収納術

1281038_m.jpg

インターネットや雑誌で片付けについて調べると、とてもおしゃれで機能的な収納術がたくさん出てきます。しかし片付けが苦手な人は、シンデレラフィットを意識した収納や見せる収納などはハードルが高いと感じるのではないでしょうか。

片付けが苦手なのであれば、もっと片付けに対してハードルが下がるような、気楽な収納術を取り入れてみましょう。

衣類はカゴの中にぽい

お気に入りのボトムやTシャツなど頻繁に使う衣類は、わざわざ畳んでクローゼット内にしまわなくてもOKです。リビングの隅、ソファーの脇、洗面所の棚の上などにカゴを設置し、中に入れておきましょう。

片付けの手間が省けるだけでなく、使用頻度の高いものを生活同線の中に置くことで、取り出しやすくなります。

ただしシワができやすい服の場合、カゴに放置はおすすめできません。

シワが気になるのであれば、ハンガーは必須。その上でカゴと同じように生活動線の一部にラックを置いて、毎日使いをラクにすると良いでしょう。

見せる収納は多用しない

2096789_m.jpg

見せる収納は収納スペースの確保と見た目の良さ、さらに目に見えることから散らかさない意欲の上昇など、メリットが豊富です。

しかし見せる収納を設置した当初のまま保つのは難しく、最終的に生活感溢れた収納が丸見えになる、といった事態になりかねません。

片付けが苦手な人は見せる収納は多用せず、見せない収納を中心に取り入れましょう。

よく使う日用品は出しっぱなしでOK

服に限らず、リモコンやお気に入りの本といった日用品の中にも、使用頻度の高いものがあります。それらにいちいち置き場所を決めても、つい手の届きやすい場所に放置してしまいがち。

発想を柔軟にして、「毎日何度も使うものは部屋中が置き場所」としてしまいましょう。

ポイントは「使用頻度が極端に高いもの」であること。

1日のうちに繰り返し使うものは、そう多くありません。置き場所を設定しないのは、リモコンや本、コップ類など、限られた日用品だけです。

あれもこれもと、手元に置いて良いものを増やさないように注意しましょう。

デッドスペースを活用する

couch-feet_JU7NF3E8WP.jpg

クローゼットやチェスト・引き出しの中にシンデレラフィット収納をするのは、見た目よりも簡単ではありません。片付けが苦手な人ほど、シンデレラフィットする収納ケースを探すのを手間だと感じてしまうでしょう。

今ある収納場所を賢く使うことが難しいのであれば、使っていないスペースを新たな収納場所として設定するのもアリです。

たとえば、ソファーの下やテレビの裏側、家具と家具の隙間など。今ある収納スペースをうまく活かしきれない人は、デッドスペースを活用して収納力を上げてみましょう。


まとめ

片付けが苦手な人ほど、「今ある収納スペースでどうにかしなくちゃ」「とにかくきれいにしなくちゃ」と考えてしまう傾向です。片付けのハードルを上げ過ぎず、とりあえず生活場所がきれいになれば良いという意識から始めると、片付けに対してのストレスが減ります。

片付けが苦手だからこそ収納に強いこだわりを持たず、気軽に片付けができるようなルールを作ってくださいね。

会社案内COMPANY PROFILE

株式会社リーベンホーム

〒065-0024 北海道札幌市東区北24条東1丁目3−2 樋口ビル1F
TEL: 011-699-5291
FAX : 011-699-5294

フリーダイヤル
0120-5353-48