狭いベランダがアウトドア空間に! ベランピングの基本アイテムと注意点 Staff blog

202106/23Wed

狭いベランダがアウトドア空間に! ベランピングの基本アイテムと注意点

ベランダを快適に生まれ変わらせる方法のひとつが、ベランピングです。

ベランピングはいつものベランダをアウトドア空間に変え、おうち時間を充実させてくれます。

しかし狭いベランダだと、充分なベランピングを楽しめないのでは、と考えてしまいますよね。

ベランピングは基本アイテムさえ揃えてしまえば、ベランダスペースに関係なく、充実させられます。

ここでは狭いベランダでベランピングをする時に必要な基本アイテム、ベランピングの活用方法、注意点についてご紹介します。


べランピングとは?

5021262_m.jpgベランピングという言葉は、「ベランダ」と「グランピング」が合わさったものです。

グランピングは、グラマラス(魅力的な)+キャンピング(キャンプ)の造語。

普通のキャンプよりもインテリアや小物類を充実させて、おしゃれで華やかなキャンプをしよう、というものです。

そんな豪華なグランピングをベランダで行うのが、ベランピングです。

ベランダ空間を充実させることで、家にいながらグランピングのような魅力的なアウトドアが楽しめます。


狭いベランダでもOK べランピングを楽しむアイテム

ベランピングを行うには、広いベランダが必ずしも必要とは限りません。

団地や都内戸建ての狭いベランダでも、ベランピングを充実させることは可能です。

そのためには、「これだけは揃えておきたい」というベランピング向けのアイテムを、ご紹介します。

アウトドア用チェア&テーブル

4613702_m.jpg

アウトドア用のチェアとテーブルは、グランピングのマストアイテムです。

ベランピングでも、同じように用意をしましょう。

狭いベランダであれば小さめサイズで問題ありません。折りたたみ式なら使わない時はしまっておける、もしくは本物のアウトドアを楽しむ際に持ち出せるため、重宝します。

目隠しアイテム

3667691_m.jpg

ベランピングはプライベートな空間です。人の目があると、落ち着かなくなるでしょう。

近隣からの視界を遮るために、目隠し用のラティスやカバーを活用すると良いですよ。上から入ってくる視線には、オーニングが便利です。

ランタンやライト類

5095748_m.jpg

日が落ちてからのベランピングの雰囲気を左右するのが、ランタンやライトとといった照明です。

淡い光が、いつものベランダを神秘的でワクワクする場所へと変えてくれます。

とはいえ、ベランダが眩しくなるほど飾る必要はありません。

隣に座る家族の顔が見える程度の、ほんのり明るい照明を灯しましょう。

ポップアップテント

4567052_m.jpg

テントがあると狭いベランダが「非日常」に変わります。

しかしベランダに常にテントが置いてあったら、洗濯物を干す時やその他の用事をこなす時に邪魔ですよね。

ポップアップテントなら使用しない時はしまっておけるため、普段はベランダのスペースをとりません。

休日家族でベランピングを楽しむ時にテントを出して、平日の昼間はしまっておくなど、使い分けをすると良いでしょう。

ウッドパネル・人工芝など

3505205_m.jpg

ベランダのコンクリートがむき出しでは、「ベランダ感」がぬぐえません。

ベランダ感が強いと、べランピングの醍醐味である非日常が実感しにくくなります。

ウッドパネルや人工芝を敷いてコンクリートを隠しましょう。


べランピングの活用方法

狭いベランダを魅力的に変えることで、さまざまな楽しみ方が生まれます。

ベランピングの活用方法の例を知り、自宅でもベランピングを楽しめそうか検討してみましょう。

テレワークスペースに

5108474_m.jpg

ベランピング=キャンプをするだけ、とは限りません。

テレワークの場所として活用し、家とは違う雰囲気で仕事をするのも良い方法です。

部屋数が少なく仕事用の個室がない場合も、ベランピングが役に立ちます。

ピクニック・カフェテラスの気分に

5120114_m.jpg

おうち時間の提唱によって、外出がおおっぴらにはできなくなりました。

ピクニックやカフェテラスなど、外で食事を楽しみたい時はベランピングが便利です。

家の中でもお外気分を楽しめるため、いつものランチも違ったおいしさを感じるでしょう。

子供のあそび場所に

3470437_m.jpg

子供のいる家庭では、雨の日や外に行く時間のない時にベランピングが役に立ちます。

家の中と同じ遊びをベランピングですることで、いつもとは少し違う、新鮮な楽しさを感じられます。

テントを出してあげれば、秘密基地のようなワクワクも楽しめるでしょう。


べランピングでやってはいけないこと

5035706_m.jpg

ベランピングは本物のグランピングとは違い、日常の中で行います。

そのため通常のグランピングでは許される行為も、べランピングでは迷惑行為となる可能性があります。

たとえば、火をおこして煙を発生させるのは避けた方が良いでしょう。

近隣住民の洗濯物にニオイを付けたり、ニオイそのものを不快に感じたりするためです。

煙以外にも、大声で騒いだり電飾を派手にして眩しすぎる装いにしたり、音楽を大音量で流したりといった行為も、近隣に迷惑をかけてしまいます。

ご近所から苦情が入ってしまえば、のんびりとベランピングを楽しむことも難しくなるでしょう。ベランピングを取り入れるのであれば、他人の日常を邪魔しないように注意をしましょう。

まとめ

3603543_m.jpg

ベランピングを自宅に取り入れれば、家から出なくてもアウトドア気分を楽しめます。狭いベランダでも快適なベランピングを楽しみたい、もしくはベランピング初心者の方は、ご紹介した基本アイテムから揃えてみるのがおすすめです。

外出をするのが面倒、時間がないという方はぜひ、ベランピングにチャレンジしてみてくださいね。

会社案内COMPANY PROFILE

株式会社リーベンホーム

〒002-8054 札幌市北区篠路町拓北2-27
TEL: 011-699-5291
FAX : 011-699-5294

フリーダイヤル
0120-5353-48