狭い玄関を広く見せる方法 ポイントは収納と視覚効果にアリ! Staff blog

202103/26Fri

狭い玄関を広く見せる方法 ポイントは収納と視覚効果にアリ!

狭い玄関を広く見せる方法は、収納を見なおすこと、そして広さを錯覚させることです。

しかし狭い玄関では収納場所も少なくものがあふれてしまい見直しようがない。

錯覚させるような広さもない......と考えてしまうのではないでしょうか。

収納の工夫は日常使いしているものの置き場所をほんの少し変えること、広さを錯覚させるにはインテリアにちょっとした工夫をするだけでOKです。

ここでは狭い玄関を広く見せる方法について、ご紹介します。


狭い玄関を広く見せる収納の工夫

4412110_m.jpg

玄関スペースの増設工事は、簡単なものではありません。家の構造や躯体の場所によっては、不可と判断される場合もあります。

しかし狭い玄関を広く見せる方法は工事だけではありません。

まずは身近な玄関収納を見直して、狭いスペースを有効活用できる方法を考えてみましょう。

日常使いの靴

玄関土間の部分に、普段使いの靴が出しっぱなしになっていませんか?毎日使う靴をいちいちしまうのは面倒ですが、出しっぱなしの状態は玄関を狭くするだけでなく、来客者にだらしない印象を与えてしまいます。

靴箱にしまうのが面倒であれば、玄関壁に棚を取り付けて「普段靴置き場」を作ってみてはいかがでしょうか。

靴箱のように扉をしめる必要がないため収納が簡単なのと、土間部分に靴がなくなることで玄関をすっきり見せる効果があります。

また、靴箱の中の靴は重ねて収納をすると、並べるよりも倍のスペースが使えます。100均で靴を重ねて収納するアイテムが売られていますので、ぜひ活用してみてください。

上着

玄関を狭くする原因に玄関に置かれたコートラックがあげられます。

「お出かけする前にいつもの上着をクローゼットから取り出すのは手間、だから玄関前のコートラックを置いておこう!」

たしかに便利で、賢い収納術ですよね。

しかしこの方法は貴重なスペースが犠牲になる方法です。広い玄関なら問題ないですが、狭い玄関ではコートラックは置かない方が無難。

どうしても玄関に置きたいのであれば、靴箱の中身を整理&清掃をして畳んでしまう、玄関に近い別の場所にコートラックを設置する、タオル掛けを壁に取り付けてコートラックにするなどの方法がおすすめです。

鍵やめがねの日用品

鍵やめがねといった日用品を、靴箱の上にぽいっと置いていませんか?

靴箱の上にものを置く習慣をつけてしまうと、郵便物やその他の日用小物なども靴箱上に置く習慣がついてしまい、どんどんものが増えていきます。

すると収納力も下がり、見た目もマイナスに。

靴やめがねの日用品は壁に吊す収納で、すっきりさせましょう。100均の壁掛けフックやワイヤーラックなどを活用すると、安価で収納力を上げられます。


狭い玄関を広く見せる 簡単な方法

4502769_m.jpg

玄関の収納を見直したら、次は玄関を広く見せる方法を考えてみましょう。

玄関のスペース自体を変えなくても、玄関を広く感じられる工夫があります。

白系の色を多くする

よく「白い服は太って見える、黒い服は痩せて見える」と言いますよね。

白系の色は膨張色とも言われており、対象を大きく広く見せる効果があります。

インテリアにも同じことが言えるため、玄関周りは白系を多めに取り入れましょう。

とくに空間に広がりを持たせるために、壁紙は白であるのが好ましいです。

鏡を置く

玄関に大きな姿見を置くことで鏡に玄関が写り、奥行きが生まれます。

目の錯覚を利用した、玄関を広く見せる方法です。

ただし、床に置くタイプの姿見はスペースを有してしまうため、なるべく壁掛けを選ぶと良いでしょう。

フォーカルポイントを設置する

玄関に入った瞬間、ぱっと目をひくポイントがあると玄関の狭さに気付きにくくなります。

たとえば玄関入って目の前に大きな絵が飾ってあったり、グリーンがすぐ近くに置いてあったりすると、視線が集中しやすいです。

廊下を長く見せる

廊下を長く見せることで、玄関の狭さが気になりにくくなります。

廊下を長く見せるには、玄関から続く廊下の1番奥の壁に工夫をすると効果的です。

たとえば、小さな絵を飾って玄関から遠いところに壁があるように錯覚をさせたり、壁の色を明るくすることで奥行きが生まれたりします。

照明を明るくする

照明のあかりが暗いと玄関に影が発生します。リビングといった広い場所で生まれる影は雰囲気を作れたり、ものが近くに感じて落ち着いた印象を生んだりといったメリットもありますが、狭い玄関では狭さが強調される原因となってしまいます。

玄関の照明は玄関全体を照らせるように、なるべく明るいものを選択するのがおすすめです。


玄関が狭いことで得られるメリット3571106_m.jpg

玄関が狭いと使い勝手が悪く、収納や見栄えの点でも悩みがつきません。

しかし玄関が狭いことで生まれるメリットもあります。

ものが増えない

玄関に限った話でありませんが、狭い場所はものが増えにくくなります。

ものを増やしたくなっても「置く場所がない」という事実が物欲にストップをかけてくれます。

もちろんすべての人にあてはまるわけではありませんが、ものの整頓が苦手な人にとって、狭い空間が良い結果を運んでくれることもあるでしょう。

空間コーディネートがしやすくなる

狭い玄関は全体が見渡せるため、空間コーディネートがラクです。狭い場所だと気付きにくい色の多さや無駄なスペースにも気付きやすくなるでしょう。

掃除が簡単

狭い玄関だと掃除もラクです。掃除機・ほうきを使う範囲が狭くなるため、掃除時間の短縮が叶います。泥汚れ防止に敷く土間部分の床材も、小さな範囲で済むため経済的です。


まとめ

玄関の狭さは工夫次第で広く見せることができます。視覚効果と収納アイディアを併用すれば、狭くても快適な玄関となるでしょう。

ぜひご自宅の玄関が狭いと悩んでいる方は、ご紹介した方法を実践してみてください。

会社案内COMPANY PROFILE

株式会社リーベンホーム

〒002-8054 札幌市北区篠路町拓北2-27
TEL: 011-699-5291
FAX : 011-699-5294

フリーダイヤル
0120-5353-48