目的を決めて実用的なロフトを作ろう!メリットデメリットまとめ Staff blog

202005/19Tue

目的を決めて実用的なロフトを作ろう!メリットデメリットまとめ

家の間取りは家づくりで一番迷うところですよね。

ロフトを作るかどうかも悩むところでしょう。あれば便利そうだけど、本当に使うかな?と思う部分もあると思います。

「便利そうだからとりあえず作っておこう」という考えでロフトを作ることはおすすめしません。

使い勝手が悪いロフトになってしまい、全く使わない場所になってしまう可能性があるからです。

実用的なロフトを作るポイントは「どう作るか」です。

ロフトをどう使うか目的をはっきりさせて、その目的に合ったロフトを作ることが重要です。



ロフトのよくある活用例

katuyourei.jpgロフトとは屋根裏を利用したスペースのことです。デッドスペースを有効に活用できるのが良いですね。

ロフトは目的によって様々な活用方法があります。ロフトのよくある活用例を見てみましょう。



収納スペースとして使う

ロフトは収納スペースとして使われることが最も多いでしょう。

収納力があり、大きくかさばるものも収納できます。季節家電や来客用の布団など使用頻度が低いものの収納にぴったりの場所です。

収納スペースとして使う場合は、はしごで上がるロフトは危険でしょう。階段やスキップフロアを利用したロフトにすることをおすすめします。

ロフトは収納力があるからと、どんどん物を詰め込んでしまいがちです。何をどこに置いたか分からなくなってしまうため気を付けましょう。



寝室として使う

部屋が狭い場合、寝室としてロフトを使う場合もあります。賃貸住宅でよく見るケースでしょう。

寝室として使うなら天井が低くても問題ありません。

ロフトを寝室にすることで、ついついベッドでゴロゴロ...ということも防ぐことができ、メリハリのある生活を送ることができるでしょう。

屋根裏は熱がこもりやすい場所です。断熱材を厚くしたり、エアコンを付けるなど対策が必要です。

また、天井の低さゆえ、ベッドが置けない可能性があることも認識しておきましょう。




書斎として使う

書斎はほしいけれど、一つの部屋として書斎を設けるにはスペースがもったいないと感じてしまう人もいると思います。そのような場合には、ロフトを書斎にする方法もあります。

ロフトは天井が低く狭い空間です。これが逆に隠れ家のようで居心地が良いと感じる人もいます。

テレビなど余計な誘惑もなく、落ち着いて集中しやすい環境でもありますね。

天井が低いため、通常の高さのデスクや椅子では窮屈に感じてしまうかもしれません。ローテーブルや座椅子にすると良いでしょう。




子供部屋として使う

ロフトを子ども部屋として使う場合もあります。子どもなら天井の低さを秘密基地のようで喜ぶかもしれません。

ロフトは空間がつながっているので、気配を感じることができ、安心感がありますね。

コンセントの設置や誤って落ちてしまわないようにある程度の高さの壁は必要でしょう。



ロフトを作る際におすすめなポイント

osusumenapoint.jpg実用的なロフトにするには「自分たちに合った使い方」と「目的に合ったロフトの条件」が重要です。

横長のロフトにする

使い勝手の悪いロフトは結局使わないということにもなりかねません。

使いやすいロフトの形状として横長がおすすめです。収納スペースとして使う場合にもどこに何があるか分かりやすいでしょう。



造作家具を設置する

ロフトは天井が低いため部屋として使う場合、通常の収納や机が使えないかもしれません。

造作家具ならロフトの高さや広さに合ったものにできます。快適なロフトにするなら造作家具を設置しましょう。



リビング上にロフトを設置する

ロフトを個室に作るとあまり有効に活用されない傾向にあるようです。有効に活用されやすい場所としてリビング上があります。

子どもはある程度の年齢までリビングで遊ぶことがほとんどです。リビングにあるロフトは子供にとって最高の遊び場となるでしょう。

また、リビングにロフトがあることで奥行きができ、広く見える効果もあります。リビングを開放的な空間にすることができます。



ロフトの条件

rohutonozyouken.jpgロフトは1つの階としてカウントされません。これは固定資産税など税金面で有利です。

ロフトとして認められるには建築基準法でその条件が決められています。

天井1.4m以下

天井の高さは1.4m以下でなければなりません。

もし、2階に1.4mを超えたロフトにすると建築基準法上は3階建てになってしまいます。



面積がロフト部分直下階の2分の1まで

面積はロフトの直下階の2分の1までという決まりもあります。

たとえば2階の屋根裏にロフトを作るなら、2階の面積の半分までということですね。



まとめ

限られた空間を有効活用できるロフト。上手く作ることができればメリットが多いでしょう。

ロフトは作り方によっては、思うように活用できないロフトになってしまうことも少なくありません。

「どう使うか」目的をはっきりとさせて、利便性の高い実用的なロフトにしましょう。

会社案内COMPANY PROFILE

株式会社リーベンホーム

〒002-8054 札幌市北区篠路町拓北2-27
TEL: 011-699-5291
FAX : 011-699-5294

フリーダイヤル
0120-5353-48