おっさんずブログ その4 Staff blog

ブログ 202005/14Thu

おっさんずブログ その4

みなさん、こんにちは。

中村です。

自粛生活が続き気持ちが滅入ってきますね。

でも、こんな時だからこそ家でできる事をしながら凌いでいきたいと思います。


最近はDIYが流行っていて、プロ仕様の色々な道具、資材がホームセンターで販売されていたり、テレビで芸能人がリフォーム工事をしていたり様々なDIYの情報が出回っていますよね。(商売柄、建築屋泣かせの部分も多々ありますが・・・・)私自身は基本営業マンなので自分で工事をする技術を残念ながら持ち合わせているわけではないのですが、当社に入社する大分前に中古で購入した築30年の住宅に住む身としては、あちこちガタがきてしまっており、出来る事は自分でやってみようと時間を見つけてはDIY(というか補修?)にて自前工事に勤しんでおります。

先日は一念発起してトイレの交換、リフォーム工事にチャレンジしました!!

トイレ交換はリフォーム工事の現場では立ち合う事はあるものの、実際に自分でやってみようと思うとどうすれば良いか分からず、まずはYouTubeで交換手順の動画を視聴です。「なるほど。いけそうだ!」そう思い必要な資材を買い集めました。トイレ本体は当社の仕入業者さんからリフォーム用のトイレを仕入れ、(勿論、会社経由です。)壁や、床のリフォームシート、ペーパーホルダー等はインターネットで探して購入し、必要な配管部材は近くのホームセンターで購入しました。

交換の日は午前中に工事にとりかかりました。

まずは、既存の便器の取り外しです。これは、簡単に外すことが出来ました。しかしながら、排水管には汚物等が付いていて中々キツイ・・・。他人の家の工事をして頂ける職人さんを尊敬します!! ここまでは順調。今回は便器の交換の他にトイレの1面の壁をアクセントクロスにするのと床材も新しくしたいと思っておりましたので、次に壁、床の工事に取り掛かります。とは言っても既存のクロスや床材を剥がすと手間が掛かりますのでリフォームシートで既存のクロス、床材の上から貼るタイプで施工しました。ただ、ここからが大変でした。壁と床の取合いに付いている巾木という部材を外そうと思ったのですが、パネルヒーターが邪魔で中々外れない。糸ノコの歯で地道に巾木をカットし何とか全ての巾木を撤去。クロスは現場で職人さんがやっていたのを見様見真似で貼り、床材は配管の立ち上がり部分を処理しながら何とか貼り、巾木の取付が終わった頃には夜の12時・・・私の家には2階にもう一つトイレがあったから良かったものの、1階にしかトイレが無かったら家族からどれだけのバッシングを浴びたことでしょうか。翌日はトイレ本体の取付です。説明書を見ながらリフォーム用の配管のアジャスト部材を加工して取付、本体を設置して給水管を繋ぎました。「よし、通水をしてみよう」と止水栓を開けたところ噴水が!?慌てて元栓を締めて水を止め確認。古い材料から繋げた箇所が上手く合わず水が吹き出してきたようなのでホームセンターへ部材を購入しにいき交換。「今度こそ大丈夫!」と通水。悪夢の噴水・・・雑巾で床を吹き、再度配管を確認したところ、よけいな材料がかんでいるようなのでそれを外して再接続。感動の通水!! ペーパーホルダー、タオル掛け、ウォシュレットのリモコンを取付けてついに完成!!!! 結局、ほぼ丸2日トイレに籠っての作業となり体があちこち痛くバキバキになりました。

感動のビフォー、アフターをご紹介します。

Before

IMG_0148.jpg


After

IMG_0155.jpg

と、まぁこんなとこです。(本人的には大分ドヤ顔です。)

便器以外にかかった費用は1万円位でしょうか。使用した道具もインパクトドライバー以外は一般的なご家庭にもある程度の物です。

便器の後ろにある配管が古臭いので、時間がある時にそちらも工夫して隠してみようと思っています。トイレ以外もDIYやリメイクをしているので機会があればまたご紹介します。

当社では新築工事以外にリフォーム工事も承っております。勿論、施工はちゃんとした職人さんがやりますので、どうぞご用命を!!

それだは、また。

おっさんでした。

会社案内COMPANY PROFILE

株式会社リーベンホーム

〒002-8054 札幌市北区篠路町拓北2-27
TEL: 011-699-5291
FAX : 011-699-5294

フリーダイヤル
0120-5353-48