採用すると便利な間取り【ファミリークローゼット】 Staff blog

202003/24Tue

採用すると便利な間取り【ファミリークローゼット】

familykuro-zetto1.jpg家族の人数が多くなると、衣類の収納は大変になりがちです。洗濯が終わるたび各部屋へと衣類を運ぶのは、決して楽な作業ではありません。

家族の人数が多い世帯におすすめしたいのが、ファミリークローゼットです。ファミリークローゼットがあれば、衣類を収納する手間は一気に省けます。

本記事では、ファミリークローゼットのメリット・デメリットについて解説します。大人数でも快適に住める家を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

ファミリークローゼットとは

ファミリークローゼットとは、その名の通り家族全員分の衣類をまとめて収納するクローゼットのことを言います。通常は夫婦の寝室や子ども部屋にクローゼットやタンスを設けますが、全ての衣類の収納を1箇所にまとめてしまうのがファミリークローゼットの特徴です。

なおファミリークローゼットには、「ウォークイン型」と「ウォークスルー型」の2種類があります。

ウォークイン型のファミリークローゼット

ウォークイン型とは、1箇所の出入り口を設けたファミリークローゼットのことです。人が入って動き回れるため、個室のように使うことができます。

ウォークスルー型のファミリークローゼット

ウォークスルー型とは、2箇所の出入り口を設けたファミリークローゼットのことです。行き止まりがなくなるため、生活動線が良くなるのが特徴。例えば玄関→ファミリークローゼット→洗面所のように繋げば、帰宅から着替えまでの一連の動作がスムーズになりますね。

ファミリークローゼットのメリット

ファミリークローゼットには、以下のようなメリットがあります。

・洗濯物を運ぶ手間が減る

・クローゼットで着替えが済ませられる

・他の部屋を広くできる

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

洗濯物を運ぶ手間が減る

ファミリークローゼットがあれば、洗濯後に向かう場所は1箇所で済みます。通常は夫婦の寝室や子ども部屋まで衣類を運ぶ必要がありますが、移動の手間を省いてくれるのがファミリークローゼットの魅力です。

家族の人数が多く、収納の手間が増えそうな場合に、ファミリークローゼットは役立ちます。

クローゼットで着替えが済ませられる

ファミリークローゼットは、着替え場所として使うこともできます。洗面所と隣接させておけばお風呂上がり後に、玄関と隣接させておけば帰宅後にすぐ着替えられますね。

他の部屋を広くできる

ファミリークローゼットがあれば、他の部屋に衣類の収納スペースを設ける必要がありません。つまりその分、他の部屋を広くできるということです。

1つ1つの部屋を少しでも広くしたいなら、ファミリークローゼットを採用しましょう。

ファミリークローゼットのデメリット

ファミリークローゼットにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

・思春期の子どもは嫌がることもある

・それなりのスペースが必要

以下、ファミリークローゼットのデメリットについて詳しく解説していきます。

思春期の子どもは嫌がることもある

子どもが思春期になると、家族と一緒の場所に衣類を収納することを嫌がる可能性もあります。特に年頃の女の子は、自分の衣類は自分の部屋に収納したいと思うこともあるでしょう。

子どもが大きくなったら、ファミリークローゼットの必要性が薄れてくることも考慮しておきましょう。

それなりのスペースが必要

ファミリークローゼットを設けるには、最低でも3畳程度のスペースが必要です。敷地の広さが限られた家だと、そもそもファミリークローゼットを設置できない可能性もあります。

ある程度の広さが確保できることを確認したうえで、ファミリークローゼットを設けましょう。

ファミリークローゼットを作るときのポイント

ファミリークローゼットを作る際は、以下の2つのポイントを意識しておきましょう。

家族の人数に合わせた広さにする

ファミリークローゼットの広さは、家族の人数に合わせるべきです。4〜5人程度の家族構成であれば3畳程度で対応できますが、より大人数で住むなら、もっと広いファミリークローゼットが求められます。

ファミリークローゼットの広さは後からだとなかなか変えられないので、家を建てる段階で慎重に検討しておきましょう。

どの部屋と繋ぐのかを検討する

ファミリークローゼットを便利に活用したいなら、どこに配置するかも重要です。具体的には、下記の場所との隣接を検討してみてください。

・玄関:お出かけ時や帰宅時に着替えがしやすい

・洗面所:脱いだ服をそのまま洗濯機に入れられる

・物干し場:干し終わった洗濯物をすぐに収納できる

ファミリークローゼットを設ける目的に応じて、どこと繋ぐのかを検討しましょう。

まとめ

ファミリークローゼットを設ければ、生活の利便性は一気に向上します。特に家族の人数が多い世帯においては、積極的に採用したい間取りですね。

また「こんなファミリークローゼットを作りたい」という希望があれば、ぜひ弊社までご相談ください。予算に応じて、最適な間取りを提案させていただきます。

会社案内COMPANY PROFILE

株式会社リーベンホーム

〒002-8054 札幌市北区篠路町拓北2-27
TEL: 011-699-5291
FAX : 011-699-5294

フリーダイヤル
0120-5353-48