家を建てる際のこだわり条件【対面キッチン】 Staff blog

201910/20Sun

家を建てる際のこだわり条件【対面キッチン】

「家を建てるなら、キッチンは対面キッチンにしたい」と考えている人は多いのではないでしょうか。実際近年は対面キッチンの人気が高まりつつあり、戸建てや集合住宅を問わず、多くの家庭で採用されています。

しかし一方で、一言に対面キッチンと言っても、さまざまなタイプの対面キッチンがあるということを知っていましたか?

今回は家を建てる際に取り入れたい対面キッチンのタイプと特徴について紹介していきます。対面キッチンに憧れている人は、ぜひ参考にしてみてください。

対面キッチンとは

対面キッチンとは、キッチンとリビング(ダイニング)の間に壁がなく、吹き抜けになっている間取りのことです。キッチンに立つと、リビング全体を見渡せるのが特徴。

料理をしながら家族と会話をしたり、子供を見守れたりするというメリットがあり、近年では多くの家庭で対面キッチンが採用されています。

対面キッチンのタイプとそれぞれの特徴

対面キッチンのタイプは5種類に大別されます。

・I型キッチン

・L型キッチン

・アイランドキッチン

・ペニンシュラキッチン

・セパレート型キッチン(Ⅱ型キッチン)

それぞれの特徴について詳しくみていきましょう。

I型キッチン

taimenkittin1.jpg

I型キッチンはコンロとシンクが横に一直線に並んだ対面キッチンです。キッチンの前にはカウンターが設けられているため、リビングからは手元が見えない構造になっています。最もメジャーな対面キッチンであり、見かけることも多いのではないでしょうか。

I型キッチンの魅力は、対面キッチン特有の開放感を出しつつも、料理中の手元を隠せるという点です。キッチン周りが多少ごちゃついていても、リビングから見えないので安心。

手軽に導入しやすく、利便性も高いのがI型キッチンです。

L型キッチン

taimenkittin2.jpg

L型キッチンとは、その名の通りL型に折り曲がった対面キッチンです。I型キッチンを拡張したようなイメージですね。

L型キッチンはI型キッチンよりも作業スペースが広く確保できるのが魅力です。作業スペースが広くなっても横を向けばすぐにコンロがあるので、効率が落ちません。たくさんの料理を一気に作る際も便利ですね。

料理好きの人にぜひおすすめしたいのがL型キッチンです。

アイランドキッチン

taimenkittin3.jpg

アイランドキッチンは壁とキッチンが繋がっておらず、キッチンが部屋の中で島のように独立している間取りのことを言います。見た目のインパクトも大きく、開放感があるのが特徴。

アイランドキッチンは左右どちらからも行き来できるため、料理を運んだり食事の後片付けをするときにも便利です。また360度方向からキッチンに向かい合えるので、複数人で料理をする際にもぴったり。友達を呼んでパーティーをするときにも役立ちますね。

設置するにはそれなりに広いスペースが必要ですが、キッチンの活用の幅が広がるのが魅力です。

ペニンシュラキッチン

taimenkittin4.jpg

ペニンシュラキッチンは左右どちらかが壁とくっついている対面キッチンです。アイランドキッチンに少し似た間取りですが、ペニンシュラキッチンの場合はキッチンが完全に独立しません。ちなみにペニンシュラは「半島」という意味であり、半独立型の見た目からペニンシュラキッチンという名前がつきました。

ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンと同様に開放感があるキッチンですが、間取りの制約を受けづらく、アイランドキッチンよりも採用しやすいのが特徴です。またコンロの横が壁になるので、アイランドキッチンよりも掃除がしやすいのも魅力ですね。

開放感を出しつつも採用しやすい、バランスのとれた対面キッチンです。

セパレート型キッチン(Ⅱ型キッチン)

taimenkittin5.jpg

セパレート型キッチンはシンクとコンロが別々に分かれた対面キッチンです。上から見ると「Ⅱ」のような形になっているので、「Ⅱ型キッチン」と呼ばれることもあります。

セパレート型キッチンは料理時のスペースを確保しやすいのに加え、2人で一緒に料理をする際にも便利です。加えてシンクとコンロを別々にすることで、キッチンの幅を短くできるため、狭めの家でも採用できます。

ただしシンクとコンロが離れると、食材や鍋の移動が多くなり、人によっては不便さを感じることもあります。

他の対面キッチンとセパレートキッチン、どちらが使いやすいかは好みによる部分が大きいため、ショールームなどで実物を確認してみるのもいいですね。

まとめ

対面キッチンは利便性が高く、家を建てるのであれば是非とも採用したい間取りです。また一言に対面キッチンと言っても複数のタイプが存在するので、それぞれの特徴を把握したうえで選びましょう。

ただし家の広さや構造によっては、採用できる対面キッチンと採用できない対面キッチンが存在します。「新しく建てる家に、こういう対面キッチンは採用できるかな?」という疑問については、是非弊社までご相談ください。

会社案内COMPANY PROFILE

株式会社リーベンホーム

〒002-8054 札幌市北区篠路町拓北2-27
TEL: 011-699-5291
FAX : 011-699-5294

フリーダイヤル
0120-5353-48