家を建てる際のこだわり条件【ビルトインガレージ】 Staff blog

201910/15Tue

家を建てる際のこだわり条件【ビルトインガレージ】

車好きであれば一度は憧れるビルトインガレージ。新しく家を建てるにあたって、ぜひ導入したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

今回はビルトインガレージの導入を検討している人に向けて、ビルトインガレージのメリット・デメリットをご紹介します。少しでもビルトインガレージに興味があるという人は、ぜひご一読ください。

ビルトインガレージとは

birutoingare-zi2.jpg

ビルトインガレージとは、車を駐車する車庫を家の一部に組み込んだ間取りのことです。車庫で車から降りた後は、そのまま家の中へと入ることができます。

一言にビルトインガレージと言っても、1階部分の一部を車庫にしたり、または1階部分全てを車庫にしたりと、間取りはさまざまです。また家の敷地を有効活用するために、地下部分にガレージを設ける間取りもあります。

ビルトインガレージのメリット

ビルトインガレージには、普通の駐車場にはないメリットがあります。具体的には以下のようなメリットです。

限られた敷地でも車が駐車できる

建物の一部に車庫を組み込むビルトインガレージは、家に庭を設けずとも車を駐車することができます。家の敷地が限られているという理由で月極駐車場を借りる必要もありません。

限られたスペースを有効活用できるのは、ビルトインガレージならではのメリットです。

雨や雪から車を守ってくれる

ビルトインガレージは車の四方を壁で守ることができるため、雨や雪の心配をする必要がありません。

車を雨や雪から守る大きなメリットとして、塗装の保護が挙げられます。雨や雪の中には車の塗装に有害な成分も多く含まれるため、そのままにしておくのは塗装を劣化させる原因の1つです。ビルトインガレージと屋外駐車では、数年後に外装の色褪せやくすみに歴然とした差が出てきます。

車を大事にしたい人ほど、雨や雪を心配する必要がないビルトインガレージを採用すべきです。

防犯対策になる

ビルトインガレージは車への悪戯や盗難の防止にも役立ちます。

ビルトインガレージのシャッターには鍵がかけられるため、不審者はそう簡単に車へと近づけません。また家の中に車があれば、心理的にも手を出しづらいですね。

車への防犯対策は、ビルトインガレージを採用するだけでバッチリです。

雨に濡れずに車へと乗り降りできる

ビルトインガレージは家と車庫が繋がった構造であるため、雨の日でも濡れずに車へと乗り降りができます。傘をさす手間が省けるのはもちろん、大雨の日でも車を出しやすいですね。

ビルトインガレージを採用すれば、どんな日でも車への乗り降りがストレスになりません。

車いじりをするための趣味部屋になる

ビルトインガレージは、車好きの人にはぴったりの趣味部屋にもなります。

ガレージ内に整備道具を揃えれば、あっという間に秘密基地のような空間へと大変身。周りからの視線を気にせず、車いじりに没頭できます。加えて雨や雪の日に車をいじれるのも便利ポイントですね。

車をいじるのが好きな人こそ導入したいのがビルトインガレージです。

ビルトインガレージのデメリット

ビルトインガレージには嬉しいメリットがたくさんある一方、実はデメリットもあります。導入の際には、以下のポイントに注意しましょう。

導入費用が高い

ビルトインガレージを導入するとなると、普通の住宅よりも予算は高くなります。具体的な予算は間取りによってピンキリですが、ビルトインガレージを希望するだけで数百万円が上乗せになるというケースも多いです。

ビルトインガレージを導入するにあたっては、予算が許容範囲内に収まるかどうかをよく吟味する必要があります。

家の間取りが限られる

ビルトインガレージは家の中に車庫を設ける分、1階部分に割ける居住スペースが狭くなります。狭い敷地でビルトインガレージを採用しようとすると、1階部分は全てガレージで、居住スペースは2階部分以降となってしまう場合も。

十分な敷地の広さが確保できないと、ビルトインガレージの導入で家の間取りは制限されてしまいます。

エンジン音や振動が室内に伝わる

ビルトインガレージは車庫と居住スペースが隣接しているため、車のエンジン音や振動が室内まで伝わってきます。音や振動に敏感な人は、家族が車を出し入れするたびストレスになるかもしれません。

対策としては、ビルトインガレージを防音・防振性のある材料で設計するのが有効です。または寝室やリビングを車庫と隣接させないという方法もあります。

ビルトインガレージを導入する際は、室内に伝わる音や振動についても考えておきましょう。

まとめ

ビルトインガレージは利便性が高く、また大切な愛車を守ることにも繋がります。一方でデメリットも少なからず存在するので、メリット・デメリットの両方を把握したうえで導入を検討しましょう。

また、

「現状の予算で、どんなビルトインガレージを導入できるの?」

「この敷地の広さだと、どれくらい大きいビルトインガレージが選べるの?」

といった疑問については、ぜひ弊社までご相談ください。お客様に最適なビルトインガレージを一緒に検討させていただきます。

会社案内COMPANY PROFILE

株式会社リーベンホーム

〒002-8054 札幌市北区篠路町拓北2-27
TEL: 011-699-5291
FAX : 011-699-5294

フリーダイヤル
0120-5353-48