家を建てようと思ったら考える事【ペットのいる生活】 Staff blog

201909/25Wed

家を建てようと思ったら考える事【ペットのいる生活】

家を建てる際には、ペットのことも考えてあげる必要があります。ペットも大切な家族の一員なので、なるべく住みやすい環境を用意してあげたいですよね。

そこで今回は、家を建てる際に取り入れたい、ペットに優しい間取りについて解説していきます。現在ペットを飼っている人、もしくはこれから飼いたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ペットは室内で飼うのが主流になりつつある

ペットの室内飼いにはさまざまなメリットがありますが、猫であれば約8割、犬であれば約7割の世帯が室内飼いを選択しているそうです。

・脱走の心配がない

・悪天候が負担にならない

・鳴き声が近所迷惑にならない

・家族の一員として、いつも一緒にいられる

可能であれば、大事なペットは室内に迎え入れてあげたいですよね。

一方で室内にペットを迎え入れるのであれば、ペットが快適に暮らせるような環境を整えておく必要があります。現在ペットを飼っている、もしくはこれから飼おうとしているのであれば、ペットに優しい間取りを取り入れた家を建てましょう。

【犬・猫共通】ペットを飼う際に取り入れたい間取り

まずは犬と猫のどちらを飼う場合にも取り入れたい間取りについて紹介していきます。

緩やかな階段

人が問題なく移動できる階段でも、ペットにとっては負担が大きい可能性があります。段差が大きい階段だと、ペットが脚を滑らせて怪我をしてしまうことも。

室内で犬や猫を飼う場合は、安心して移動できるように階段の段差は小さくし、勾配を緩やかにしてあげるのがベスト。階段の形状は後からリフォームで改修するのが難しいため、ペットを飼う予定があるなら最初から緩やかな階段を設けておきましょう。

フローリングや壁へのキズ対策

犬や猫が動き回ると、フローリングは当然キズつきやすいです。また癖で壁を引っ掻いてしまう犬や猫もいます。何も対策をしていないと、せっかくの新居がすぐにキズだらけになってしまうことも。

フローリングや壁へのキズ対策としては、シリコンコーティングをはじめとするキズを防止する処理を施しておくのが有効です。後から貼れるキズ防止シートやペット用マットなども販売されているので、併せて検討してみましょう。

ペット専用の部屋

犬や猫も、1人になりたい時間があります。ペット専用のプライベート空間を作り、ゆっくり休めるようにしてあげると、ペットも快適に生活ができますね。

またペット専用の部屋にトイレや食事スペースをまとめておけば、掃除も楽になります。間取りに余裕があれば、犬や猫のために1部屋を割くことも検討しましょう。

犬を飼う際に取り入れたい間取り

続いては犬を飼う際に取り入れたい間取りについてみていきましょう。

キッチンへのペットフェンスの設置

犬を室内で放し飼いにする際に気をつけたいのが、キッチンへの侵入です。

キッチンには包丁をはじめとする動物にとって危険なものがたくさんあるので、目を離した隙に危険が及ぶ可能性があります。加えてキッチンにある食材を犬が口にしてしまうというケースも考えられますね。

室内で犬を飼う際は、キッチンにペットフェンスを設けて安全性を確保しましょう。

散歩後の洗い場の設置

室内で犬を飼っていても、散歩の際は外に連れ出す必要がありますよね。外で散歩をしたら、室内が汚れないように足を洗ってあげる必要があります。

そこで玄関や勝手口付近に洗い場を設けておくと、散歩から帰ってきた際に非常に便利です。水道蛇口を取り付けるのに加え、シャワーヘッド付きのホースまで用意しておくとなお便利ですね。

猫を飼う際に取り入れたい間取り

続いては猫を飼う際に取り入れたい間取りについてみていきましょう。

キッチン収納

犬を室内で飼う場合はペットフェンスが重要という説明をしましたが、猫の場合はフェンスがあっても簡単に飛び越えてしまいます。また猫はジャンプ力が高いゆえに、棚に置いてあるお皿まで手が届いてしまう可能性があり、そのままでは大変危険です。

そこで猫を室内で飼う場合は、キッチン収納でお皿や包丁、食材などを猫の手が届かない場所に収納しましょう。最初からキッチン収納を充実させておくことで、室内でも猫を安心して放し飼いすることができます。

上下運動ができるスペースの設置

猫は上下運動が大好きな動物です。また休憩する際も、周りが見渡せる高いところで休む習性があります。

猫を室内で飼う場合は、壁にステップ状の棚を設置したり、窓前の台座スペースを広めに確保してあげたりするなどして、上下に移動できるスペースを確保してあげることが大切です。猫の上下運動を意識した間取りが、猫にとっての快適な家へとつながります。

まとめ

室内でペットを飼う際は、ペットが住みやすい環境を用意してあげることが大切です。現在ペットを飼っている、もしくはこれから飼おうとしている場合は、建てるべき家も変わってきます。

今回ご紹介させて頂いた以外にも、おすすめの間取りは多数ありますので、是非ご相談下さい。

会社案内COMPANY PROFILE

株式会社リーベンホーム

〒002-8054 札幌市北区篠路町拓北2-27
TEL: 011-699-5291
FAX : 011-699-5294

フリーダイヤル
0120-5353-48